アメリカに5年間赴任して勤務していた発見

夫の海外赴任が決まり5年間の予定でサンフランシスコに居住しました。アメリカはハワイしか行ったことがなかったので、かなり不安がありました。しかしサンフランシスコという街は本当に日本人にとっては住みやすい街で驚きました。

まず人種構成がアメリカ人、メキシコ系、欧州系、韓国系、中国系、南米系、ロシア系、ベトナム系というふうに多岐に渡っているため、アメリカ南部のようなあからさまな人種差別の経験がほとんどありませんでした。

スーパーへ買い物に行ってもレストランで食事をしてもどこでも非常に快適に過ごすことができたのです。私は英語ほとんど出来ず、基礎的な英会話レベルでしたが、どこへ行っても忍耐強く私のつたない英語に耳を傾けてくれましたし、たくさんん親切にも出会うことが出来ました。これはサンフランシスコという多様性のある街ならではのメリットなのだと感じていました。

実際に、ニューヨークやボストンといったアメリカ東部の旅行にも出かけましたが、まったく人の雰囲気が違いました。どちらかというと東京に近いような、冷たさを感じる事が多かったです。

アメリカは大変広大な面積を持つ国ですから西海岸と東海岸では、まさに別国のようにまったく違うカルチャーが存在しているわけなのです。西海岸はロサンゼルスを含めてとにかく明るいフレンドリーな人たちがあふれているので住み心地においてはまさに天国でした。

5年の任期を終えて日本に帰任する時にはサンフランシスコを離れたくなくて気持ちが落ち込みましたが、いまでもアメリカに暮らした5年間を懐かしく思い出に浸っています。

アメリカではなくカナダに関する情報ならこちらのサイト→カナダ求人サイトの選び方